漁師の鉄則

z1g0px3q.exblog.jp ブログトップ

法廷内で精神鑑定 大阪・住之江の死体遺棄(産経新聞)

■裁判員裁判、二段階評議へ

 大阪市住之江区で昨年5月、母親の遺体を放置していたことを詰問した父親を殺害したなどとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた無職、辻田吉広被告(41)の裁判員裁判の初公判が13日、大阪地裁(杉田宗久裁判長)であった。アスペルガー症候群と診断されている辻田被告が、犯行当時に心神耗弱状態だったかが争点になり、医師が法廷の場で精神鑑定を行う方法が採用された。

 検察側は捜査段階で精神鑑定を行ったが、弁護側は不同意。このため、杉田裁判長は鑑定医を終日法廷に同席させ、被告人質問の様子を見せるなどして精神鑑定を行わせた。

 鑑定医が結果をまとめる時間が必要になるため、通常の連日開廷ではなく、次回公判は6日後の19日に開かれる。裁判員に分かりやすくするため、鑑定結果はすべて口頭で説明されるという。

 また、被告の責任能力の有無だけを判断するために論告、弁論、評議を実施。その後、量刑について再び論告、弁論、評議を行う2段階方式も採用された。

【関連記事】
耳かき店員殺人事件 被告を精神鑑定へ
心神喪失で不起訴 京大病院に不審物の男 京都地検
インスリン投与容疑の京大病院看護師、精神鑑定へ
乳児・揺さぶり死、母「産後うつ」SNS書き込みも 鑑定留置請求
「殺したのは人ではなくマモノ」…被告独特の見解で不採用
少子化を止めろ!

出会い系サイト「サクラ」が語る会えない仕組み(読売新聞)
PC転売で4千万円詐取 電気機器開発会社の元社員を逮捕 (産経新聞)
爪は健康のバロメーター 手入れで健康管理に一役(産経新聞)
「宮崎牛」種牛は避難、移動制限区域内だが特例(読売新聞)
全国一律の対策に批判相次ぐ―新型インフルの「医療体制」を検証(医療介護CBニュース)
[PR]
by zq5hfxopx2 | 2010-05-17 13:17
line

漁師ならば、これだけは守れ!


by zq5hfxopx2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite